MAINVISUAL

hide_finalのコピー.jpg
AP_shibuya_2020.jpg

澁谷忠臣 / TADAOMI SHIBUYA
今回のメインヴィジュアルを手掛けたアーティスト。 その独自の直線的に再構築するスタイルで、2008年にGIVENCHYのエンブレムデザイン、2011年、NIKE AIR JORDAN CP3.IVのポスター、Tシャツなどビジュアル全般を担当し、2012年には、レッドスキンズのRGIIIのイラストが米ワシントンポスト特別号の一面を飾っている。また2013年には、JORDAN BRANDからの依頼でマイケルジョーダンの88年スラムダンクコンテスト優勝を記念したTシャツのデザインした。
2014年には、ANARCHYメジャーデビューアルバム「NEW YANKEE」のジャケットイラストを手がけている。2018年はGUとのカプセルコレクション、”EYES LOVE TOKYO"が話題を呼んだ。また、2020年、Mizunoとの共同開発による、日本代表ユニホームのデザインが発表された。
昨年は日本の伝統文化を再構築するシリーズとして、仏像の絵を中心とした個展 「UPDATE」を京都と横浜で開催。これまでに、東京、 パリ、バンコクでの個展や、ロンドン、NY、L.A.など世界各地で数々の展示に参加、表現の場は国内外、ジャンルを問わず多岐に渡る。

tadaomishibuya.jp
instagram.com/tadaomishibuya