ABOUT

X  JAPANのギタリスト“HIDE”として、ソロアーティスト(hide with Spread Beaver/zilch)として、

日本の音楽シーンに多大な影響を与え続ける「hide(ヒデ)」。

 

1998年5月2日急逝後、2000年7月20日にhideの生まれ育った神奈川県・横須賀市に誕生したhideの全てに会える場所「hide MUSEUM」は、2005年に惜しまれつつ閉館するまでに延べ50万人に及ぶファンの方々が来館しました。

 

この度hide The 23rd Memorial プロジェクトの一環として、2021年版・新たなる視点で構成された企画展『PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000』の開催が決定。

 

hideが「人間の精神性(アナログ)と科学技術(デジタル)の融合」を意味する言葉として、自身の世界観の言語化=造語に使用した「PSY(+単語)」の表現にこだわり、「hideの多面にわたる魅力の醍醐味」をカテゴリごとに体感できる5つのゾーンで構成され、アーティストhideが誕生し世界を魅了するまでのゆかりある品々を紹介。

hideが実際に着用した衣装や愛用ギターをはじめ、唯一無二の世界観を感じるレプリカではない貴重な「実物」だけを展示。また、ヴィジュアルに徹底的にこだわったhideを撮り続けたフォトグラファー:管野秀夫氏の作品展示や、新たな試みとして、ARアプリを使用したフォトスポットが設けられるなど“hideが見据えた未来”をテーマに展開されます。

 

本展覧会は、hideが23回忌を迎えた2020年に開催する予定でしたが、hideが愛したファンの命の安全を第一に考え延期。運営計画を新たに見直しし、新型コロナウイルス感染対策の徹底と、キャプションでの表現は削減し、hideとのひとときを安心して過ごしていただけるよう配慮した上での開催となります。

 

『現在進行形のhide』が体感できる展覧会をぜひご堪能ください。

※展示内容は変更する場合がございます。

【hideって誰?のキャッチコピーについて】

かつてhideのアートグラフィックや作品タイトルにも使われた、hideらしい皮肉とユーモアを込めたキャッチコピー

"Who's this ugly pink machine?"(このピンクの異端児は誰?)がある。東京オリンピックの開催された1964年生まれのhide。

そして、再び東京オリンピックが開催される2021年に、改めてアーティストhideの魅力に触れてもらいたい、

その願いをこめた遊び心あるキャッチコピーです。

hide_prof.jpg

hide

日本のロック史上に伝説を打ち立てたバンドX JAPANのギタリスト“HIDE”、

『ROCKET DIVE』『ピンク スパイダー』などの名曲を発信したソロアーティスト“hide”としてその個性的なファッションやメイクは、“ヴィジュアル系”という新たなカルチャーを創り上げ、 革新的で時代を先取りした音楽、おもちゃ箱をひっくり返したような奇想天外なライブパフォーマンスは日本の音楽シーンに多大なる影響を与えた。 1998年に急逝するも、hideが残した「サウンド」と「メッセージ」は色褪せることなく語り継がれ、今もなお、世界中で絶大なる人気を誇るロックアーティストである。

 

hideオフィシャルウェブサイト

http://www.hide-city.com